こんにちは、ちぎーです。


世間で大いに話題になっていると評判の

バチェラージャパン シーズン3を

私も少し遅れて観終わりました!




最後まで観終えての率直な感想は、、、

「えー????今までの運命の人探しの旅は

なんだったの???」

でした😅




この人と決めた人にローズを渡す。

後戻りはできない。



その鉄板のルールがあっての、

バチェラーの面白さだったのに、

それが一気に崩れましたね。




最後の展開に、自分自身

「何見てたんだろ」「くだらない」

とまで思えてきてしまったので

エンタメでも観るならもっと良いものを観るのに

時間を使いたかったと思いました😅




でも、素直な気持ちを公表してくれたのは、

バチェラーなりの誠意の表れですね




見終わって、すぐ思ったのは

「人は結局、感情の生き物なんだな」

ということ




家族にも好評で 自分を心から好いてくれている

ステキな人が目の前にいるのに

最初に恋心を抱いた人が忘れられない




バチェラーは最初から最後まで

ファーストローズの女性に恋をして

彼女のこととなると 自分を見失っているかのようにも私の目には見えました



住む場所も、絶対にここ!と断言していたのを

コロリと変えた発言には

「え!?その程度の信念なの?」

と、完全に感情に操られているなと思いました





ちょうど昨日移動中に
この本を読んだのですが

著者の長倉顕太さんはこの本で

感情なんて無視をしろ!

と語っています😱







長倉さんいわく
感情は、外からの刺激が
「頭の中に蓄積された情報に」に
反応したものにすぎない

過去の自分が反応した結果など
未来とは関係ない



とのこと。


ここまで割り切って生きられたら

色々スッキリしそうですが

そうではないのが人間で

だからうまくいかないことも多いし悩むものだな、と。



この本でも、情報発信の重要性、

何をいうかより「誰が」言うかがもっと大事、など

なるほど!と思う内容盛りだくさんでしたが


やっぱり私はこの基本をおさえる必要があると

強く思ったのは

  • 即レスする
  • 早起きする

の2点です。

あれこれは難しくてもこの2点は死守したいです💪💪